企業理念

  • HOME »
  • 企業理念

私たち親心書籍は、教育教材や書籍を通して、子ども達が潜在的に持っている「向上したい」、「成長したい」という純粋な心を引き出すことを目指しています。

子どもがいる家庭の中で、『親子が共通に持つ、向上心』というテーマで素直に語り合うとするならば、教育の話題がその多くをしめるでしょう。「将来の夢は?」「なりたい職業は?」といった、こども達の『夢』。勉強やクラブ活動、また学校以外での活動の中で、こども達が持つ今の『目標』や、『頑張りたい』こと。私達大人は、そんな子ども達の夢や目標を持つ心を、家庭の中で育て、子ども達のその声に耳を傾け、そして傍らで応援する、という役割を持っています。

ただ、子ども達が小学、中学、高校と年齢を重ねるにつれて、家庭の中の会話に『夢』や『目標』に替わり現実的な話題が増えてくるでしょう。子ども達は、成長に伴う照れくささが後を押し、純粋に『頑張ろう!』という向上心を、なかなか素直に前に出さなくなっていきます。
そしていつの日か、親子の会話は『行きたい学校』から『行ける学校』に、『やりたいこと』から『やれそうなこと』へと、子ども達が持っていた『夢』が、可能か・不可能かの現実的な話に姿を変えてしまう・・・そういった家庭の話を私達はよく見聞きします。
それらは決して悪いことではありません。
ただ万が一、子ども達が目の前にある現実に正面から向き合うことが出来ないまま、『夢』や『目標』そして『頑張りたい』といった向上心を失ってしまうのならば、それは良いこととは言えません。

私たち親心書籍の教材を使って頂くお客様には、決して【受験戦争で勝たなければいけない!!】や【成績を上げないといけない。】などのプレッシャーを感じながら使って頂くことが目的ではありません。一問一問少しずつでも解らない問題が解るようになる、という体験を繰り返し、自信という最高のエネルギーを養っていただきたいと願っています。

昔も今もこれからも決して変わらないことがあります。
それは学校生活でも社会に出ても、解らない問題やできないことにぶつかったとき、努力をして解るようになる、できるようになるという瞬間が人を成長させるという事です。
もちろん挫折や失敗からも人は成長しますが、親心書籍は、やればできるという体験から次なるエネルギーを育てることを目指しています。

これからも私たち親心書籍は、未来を担う子ども達へ、自身につながる解りやすい教材を提供できるよう努力してまいります。

PAGETOP
Copyright © 親心書籍株式会社 All Rights Reserved.